2017年11月22日

12月定例会と台風被害対策について

 次回、京都府議会12月定例会は1日から19日の間開かれます。昨日の山田知事の定例会見で、9月10月の台風18号、21号被害に対する道路や河川の復旧等、18億円規模の予算を追加する12月の補正予算案の概要が発表されました。

 農業、漁業の被害も多く、復旧に向けて従事者の皆様がご奮闘されている中、舞鶴の田井漁港等で被害の多かった定置網の復旧に向けた補助金の支給は今回が初めてになるということです。京都北部にとって、第一次産業をとりまく環境は、担い手不足も合わせて大変厳しく、さらに、相次ぐ災害で被害を受けられており、従事者にとって、パイプハウスや漁船、定置網の破損は生活に直結します。

 また、今回の台風被害も内水氾濫が多かったことを受けて中丹・山城地域に排水ポンプ車を2台配備するための経費も計上されます(京都府が、今年の台風災害復旧関連で組んだ補正予算はこれで100億円規模にのぼる)。

 引き続き、現場の声が反映されるよう、また今回の被害からの検証、減災に向けて引き続き、取り組んでまいります。

23130453_2057012124518996_6151781494710178370_n[1].jpg

23191627_2057006704519538_649362813_o[1].jpg

大浦要望.jpg 大浦振興協議会の皆様方の例年の山田知事への地区要望にて、台風21号の被害状況(定置網の大規模破損、漁船の転覆等)を述べられました。12月補正に間に合うかたちで、反映されました。

IMG_2273 台風被害視察@丹和米油さん前.JPG台風21号被害調査 山田知事に同行し、高野川流域の被害状況を確認。

23158092_2057004751186400_1874781868_o[1].jpg

21687649_2040511216169087_4912891446363478083_n[1].jpg 台風18号被害 小規模河川の氾濫による床上浸水。生活再建、河川、道路の復旧等について会派要望を知事に届けました。



 

posted by 舞 at 15:40| Comment(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おはら舞へのメッセージはこちらへ⇒ << info@oharamai.jp >>