2018年05月28日

アートでまちづくり!〜糸井文庫 浮世絵コレクションを鑑賞。

「海辺の京都 浮世絵コレクションvol.1」
平成30年4月28日(土)〜6月3日(日) 午前9時〜午後5時 
会場  赤れんがパーク 赤れんが3号棟(智恵蔵)1階 企画展示室
無料

舞鶴市指定文化財「糸井文庫」の浮世絵18点を鑑賞しました。 

*糸井文庫は、与謝野町(旧岩滝町)出身の実業家、
糸井仙之助(1874〜1949)が長年にわたり蒐集した丹後地方に関わる
書籍、古文書等約2,200点におよぶコレクションです(舞鶴市 広報より)。

 
丹後の伝説(浦島太郎、山椒大夫、酒呑童子、静御前等)を彩る浮世絵
で、一番印象に残ったのは、浦島太郎が玉手箱を開けている絵です。

IMG_9835.JPG
絵師:歌川国芳
版元:未詳
年代:嘉永2年(1849)
 
 玉手箱から飛び出している煙の面が、全て歌舞伎役者の似顔絵に
なっています。非常にユニークです。後から調べてみると、「画題の
「辻浦」とは吉兆の占いを商いとする辻占売のことを指しており、浦島
と辻占の「うら」をかけている」とのことです。

 文化・芸術こそ、地方都市には必要で、本物に触れる機会が都市部と
比べて少ないからこそ、地元にある文化財は市民の共有財産として大切
に守り、機会あるごとに鑑賞し親しむために、このような企画は素晴らしい
です。

 ただ、残念なのは、一つ一つの絵に、注釈がほしいところです。
作者がどのような想いで描いたのか、伝説についての説明など
が学べる構成になっていたら良いのに、と感じました。

 昨年に、福知山公立大学(京都府福知山市)開学記念連続講演会
の一環として劇作家の平田オリザさんが「観光とアートの親和性」と
題して講演をされました。

 「観光」と「アート」によるまちづくり。
 現在、少子高齢化、人口減少が大きな課題と
なっており、各市町では移住・定住促進の様々な取り組みが進めら
れています(舞鶴市では平成30年度、移住・定住促進課を新設)。

  「芸術で世界に発信」というとやや小難しく感じられるかも知れ
ませんが、私たちが海外や国内を旅行する時に何を見に行くか、見たいか?
 それは、その地域の伝統や歴史、芸術、文化を知りたい、触れたいと
いうのではないでしょうか。

 地域に住んでいると、当たり前にあるものもを再発見し誇りに感じること。
大切にしていくこと。そのような地域の想いが余所から来られた方に
魅力的に映るのではないかと感じています。これからも地元の宝物の
発見、そして、先進地の取り組みや工夫を研究し、さらに魅力ある京都府
づくり、舞鶴、京都北部のあり方について日々思考していきたいと思います。

 それからは、やはり行動あるのみですね!

IMG_9828.JPG
 日本遺産登録の認定証(「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴
 〜日本近代化の躍動を体感できるまち〜 」


IMG_9838.jpg

お土産品の手ぬぐいを購入(はっぴ型 田辺城)
2020年のNHk大河ドラマ:明智光秀公が主役の『麒麟(きりん)がくる』
に決定!舞鶴の田辺城ゆかりの、細川幽斎公は、茶道、歌道、料理、
蹴鞠、囲碁、能楽など当代一流の文化人でした。
 文化に焦点をあてて、いかに当地に素晴らしい人物がおられたか、
ひも解いていくのも、まちづくりと融和すると思います。

 
posted by 舞 at 17:56| Comment(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

無人航空機(ドローン、ラジコン)の活用でいのちを守る、地域活性化策の研究

 5月12日(土)に、由良川水系総合水防演習(福知山市猪崎地先)
が災害の未然防止と水防意識の高揚を図る等のために実施され
出席いたしました。

 その際に、展示されていた「ドローン」(三次元測量・三次元計測
を行うDJI製 *今や中国の企業が世界シェアNo1になっています。)

IMG_9460.JPG

IMG_9461.JPG

 ドローンは、火災、震災等の災害時における安否確認・状況
確認、警察の上空からの操作、農業への活用(農薬散布、鳥獣被害対
策)や空撮映像による観光のPR等、多岐にわたる活用が行われてい
ます。

 いのちを守る、農林水産業の振興、観光による地域経済の
活性化等に資するとしてドローんに関心を持ってきた折、舞鶴市内での
活用の研究とドローンの安全な飛行のための練習(平成27年 航空法
の一部を改正する法律にて無人航空機の飛行に関する基本的なルール
が定められる)、機能や性能の理解のための5/22に勉強会に参加させて
いただきました。

 IMG_9675.JPG IMG_9680.JPG

 まずは、研究を重ねて
舞鶴の名所(与保呂川沿いの千本桜、京都舞鶴港に寄港するクルーズ船
の入港の姿等舞鶴らしさ、素晴らしさをPR)
を上空から撮影して、コンテスト等実施できたら、そして子供たちにも見る
機会、知る機会を提供できたら等と意見交換は大変盛り上がりました。


 これからも調査・研究をしていきたく思います。



 


posted by 舞 at 00:00| Comment(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

ものづくりの研究開発拠点が北部に!−−−−北部産業創造センター開所式にて

IMG_9645.JPG IMG_9649.JPG

IMG_9658.JPG

北部産業創造センターの開所記念式が綾部で行われ、出席してまい
りました。京都府、綾部市、京都工芸繊維大学、グンゼ株式会社の4社
で整備が進められ、府北部地域における多様な人材の交流や産学公連携
を通じて、新たな産業創造の拠点として期待されます。

 京都府としてもオープンイノベーションの拠点づくりに取り組んでおり、
京都北部では丹後地区に次いで中丹地域の同センターの開所は、
今後の北部のものづくり企業の発展に大きな役割を果たすこととなります。

 今後は、一社体制ではなく、様々な企業との共同研究や、産学公連携等
によるネットワークづくりが益々、重要となり、グローバルな競争が激化す
る中、新たな基幹産業の創出、イノベーションこそが我が国、そして地域
の発展の要となっていくと思われます。

 式典の後、内覧会として
センター内の機能について説明を受けました。
試験・分析・測定・加工用の機器、約100機種が利用可能となっており、
さらに機器の取り扱いやデータ解析等のサポートも行われます。

 中小企業の皆さまの技術改善、研究開発のため、広く、多く活用される
よう、徹底した周知の必要性も感じました。

 また、これまで熟練工と言われる職人の方が、腕を磨き、つくりあげて
きた部品・製品から、例えば、機器を使ってシャープペンシルの芯の断面
をイオンレーザーを使ってカットし、なめらかにすることもできるように
なっています。

 個人的には、機械を使いこなすこととあわせて、熟練工の腕・技術
の伝承も同じくして存続・継承していってほしいと、感じた次第です。

IMG_9661.JPG
3Dプリンター:まゆまろの形です。機器は、時間単位での有料貸し出しとなっています。

IMG_9663.JPG

IMG_9669.JPG



posted by 舞 at 14:25| Comment(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おはら舞へのメッセージはこちらへ⇒ << info@oharamai.jp >>