2018年05月28日

アートでまちづくり!〜糸井文庫 浮世絵コレクションを鑑賞。

「海辺の京都 浮世絵コレクションvol.1」
平成30年4月28日(土)〜6月3日(日) 午前9時〜午後5時 
会場  赤れんがパーク 赤れんが3号棟(智恵蔵)1階 企画展示室
無料

舞鶴市指定文化財「糸井文庫」の浮世絵18点を鑑賞しました。 

*糸井文庫は、与謝野町(旧岩滝町)出身の実業家、
糸井仙之助(1874〜1949)が長年にわたり蒐集した丹後地方に関わる
書籍、古文書等約2,200点におよぶコレクションです(舞鶴市 広報より)。

 
丹後の伝説(浦島太郎、山椒大夫、酒呑童子、静御前等)を彩る浮世絵
で、一番印象に残ったのは、浦島太郎が玉手箱を開けている絵です。

IMG_9835.JPG
絵師:歌川国芳
版元:未詳
年代:嘉永2年(1849)
 
 玉手箱から飛び出している煙の面が、全て歌舞伎役者の似顔絵に
なっています。非常にユニークです。後から調べてみると、「画題の
「辻浦」とは吉兆の占いを商いとする辻占売のことを指しており、浦島
と辻占の「うら」をかけている」とのことです。

 文化・芸術こそ、地方都市には必要で、本物に触れる機会が都市部と
比べて少ないからこそ、地元にある文化財は市民の共有財産として大切
に守り、機会あるごとに鑑賞し親しむために、このような企画は素晴らしい
です。

 ただ、残念なのは、一つ一つの絵に、注釈がほしいところです。
作者がどのような想いで描いたのか、伝説についての説明など
が学べる構成になっていたら良いのに、と感じました。

 昨年に、福知山公立大学(京都府福知山市)開学記念連続講演会
の一環として劇作家の平田オリザさんが「観光とアートの親和性」と
題して講演をされました。

 「観光」と「アート」によるまちづくり。
 現在、少子高齢化、人口減少が大きな課題と
なっており、各市町では移住・定住促進の様々な取り組みが進めら
れています(舞鶴市では平成30年度、移住・定住促進課を新設)。

  「芸術で世界に発信」というとやや小難しく感じられるかも知れ
ませんが、私たちが海外や国内を旅行する時に何を見に行くか、見たいか?
 それは、その地域の伝統や歴史、芸術、文化を知りたい、触れたいと
いうのではないでしょうか。

 地域に住んでいると、当たり前にあるものもを再発見し誇りに感じること。
大切にしていくこと。そのような地域の想いが余所から来られた方に
魅力的に映るのではないかと感じています。これからも地元の宝物の
発見、そして、先進地の取り組みや工夫を研究し、さらに魅力ある京都府
づくり、舞鶴、京都北部のあり方について日々思考していきたいと思います。

 それからは、やはり行動あるのみですね!

IMG_9828.JPG
 日本遺産登録の認定証(「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴
 〜日本近代化の躍動を体感できるまち〜 」


IMG_9838.jpg

お土産品の手ぬぐいを購入(はっぴ型 田辺城)
2020年のNHk大河ドラマ:明智光秀公が主役の『麒麟(きりん)がくる』
に決定!舞鶴の田辺城ゆかりの、細川幽斎公は、茶道、歌道、料理、
蹴鞠、囲碁、能楽など当代一流の文化人でした。
 文化に焦点をあてて、いかに当地に素晴らしい人物がおられたか、
ひも解いていくのも、まちづくりと融和すると思います。

 
posted by 舞 at 17:56| Comment(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おはら舞へのメッセージはこちらへ⇒ << info@oharamai.jp >>