2018年07月13日

6月定例会 閉会日(賛成討論)

 6月定例会閉会日(7月13日)に、平成30年度京都府一般会計補正予算案をはじめ、対象となっている全ての議案に対する討論をさせていただきました。
また、平成30年7月豪雨被災復旧費106億円を含む計289億600万円の今年度一般会計6月補正予算案をはじめ計17議案を可決・同意し閉会いたしました。

36529983_1227965627334373_9045566511128772608_n.jpg IMG_0533.JPG

IMG_0450.JPG



********************************
(討論 全文)
 
 去る7月5日から7日にかけての大雨は、京都府をはじめ西日本を中心に全国各地で甚大な被害をもたらしました。この豪雨災害により被災されました皆様に対し、衷心よりお見舞い申し上げますとともに、亡くなられました方々の御冥福を心からお祈り申し上げます。
また、6月18日に発生した大阪府北部を震源地とする地震により被災されました皆様方に対しましても、改めて心からお見舞いを申し上げます。

 この度の豪雨災害は、大阪府北部を震源地とする地震から復旧・復興に向けて歩み出そうとしていたところに発生し、京都府全域で様々な爪痕を残しました。5名の尊い命が失われるとともに、河川の氾濫による床上・床下浸水をはじめ、土砂の崩落や倒木等による家屋倒壊、交通、インフラの寸断など、府内の被害は極めて甚大なものとなっております。
 
このような中、西脇知事におかれましては、速やかに災害対策本部を立ち上げ、被害状況の把握、被災者の支援、応急復旧などに取り組まれるとともに、知事自ら被災地を視察され、迅速、かつ、きめ細かに支援策を編成されたことを高く評価するところです。
 
 大雨特別警報が長時間にわたり継続された京都北部では、由良川沿いや舞鶴市の高野川等の河川では、支流や水路があふれる内水氾濫が発生し、平成16年の台風23号、平成25年の台風18号、昨年の台風21号、今回の豪雨と約15年間で4回の水害となりました。昨日の15時時点での、床上浸水は、福知山市で187棟、舞鶴市で214棟にのぼり、被災された方々からは、「またか」「もういい加減にしてほしい」等の切実なお声が数々上がっています。新規就農者からも「平成16年の23号台風は100年に一度の洪水。100年に一度ならと仲間たちと再起を誓ったが、、、」「根本的に冷静に考え直そう。」との声もあります。

 繰り返される水害被害に対しましては、国・府・市が連携した、由良川流域の総合的な治水対策の取り組み等を進めていただいているところですが、その途上で、今回の水害となり、異常気象が頻繁に起こる昨今、現在進めていただいてる治水計画の早期の完成をお願い申し上げるとともに、治水計画の見直しも必要ではないかと感じています。

 現在も土砂災害の恐れがあるとして、舞鶴市上福井等、避難生活をされている方々もおられ、予断を許さない状況にあります。いつやってくるか分からない災害に対して、府民の生命・財産を守るため、行政のみでなく地域住民、最前線で取り組んでいただいている自衛隊や警察、消防等の関係諸機関、災害発生時から復旧工事に尽力していただいている土木等の民間業者も一体となった取り組みが重要であります。今回改めて、自助・共助・公助がたがいに連携し一体となることによって、被害の最小限化、早期の復旧・復興につながることの重要性を実感しました。

避難や交通等の情報伝達、情報共有のあり方についても、被災住民の体験や災害復旧の現場に従事していただいている方々の声を十分に反映して、これまでの災害対応の課題と検証を一層進めていただきますようお願いいたします。

 大変、厳しい財政状況の中で、知事の現地現場で直接被災者の声に耳を傾ける、府民の安心・安全への基本姿勢、迅速な補正予算編成にも、重ねて敬意と感謝を申し上げ、一日も早く被災地が復興できるよう、全力を上げて取り組まれることを、強く要望いたします

 
今回の6月補正予算案は、「将来に希望の持てる新しい京都づくり」に向け、周産期医療体制の充実など子育て環境日本一の実現に向けた幅広い取組や共生社会の実現に向けた取組に加え、中小企業の人手不足への対応、観光客の府域への誘導や文化行政の充実など、早急に対応すべき課題について、スピード感を持って取り組む、意欲的な予算となっており、高く評価するものであります。

まず、災害対策では、橋りょうの耐震化対策など、先進的な防災・減災対策に取り組まれております。先般の地震災害は、通勤・通学時間帯において発生し、交通ネットワークの重要性やブロック塀の危険性が改めて認識されたところですが、近い将来に発生することが危惧される南海トラフ地震などへの備えとしての橋りょう耐震化の予算計上に加え、ブロック塀の相談窓口の早期設置など、組織面でも迅速な対応を進めていただいていることについて高く評価しており、災害からの安心・安全な京都の実現を目指して、さらなるご尽力をいただきますよう強く要望いたします。

次に、「子育て環境日本一」については、周産期医療ネットワークの再編や周産期医療情報システムの強化、保育環境充実策、ダブルケアサポート事業、仕事と子育ての両立支援など、出生数の減少傾向が拡大する中、「出産」「子育て」の分野の取組強化につながるものを中心に予算が計上されていることを評価いたします。

 そのほか、条例の全部改正及び一部改正等の議案につきましても、いずれも府政の推進に必要なものであり、賛成させていただきます。

最後に、我々府民クラブ議員団も、府民の皆様が安心・安全を実感され、全ての人がいきいきと暮らせる共生社会の実現、京都の未来を担う子どもたちに素晴らしい京都を引き継いでいけるよう、京都府政の推進に尽くしてまいりますことをお誓い申し上げまして、賛成討論とさせていただきます。
 


posted by 舞 at 23:00| Comment(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おはら舞へのメッセージはこちらへ⇒ << info@oharamai.jp >>