2018年07月25日

環境・建設交通常任委員会 管内調査(平成30年7月豪雨の被災状況)


 7月24日、25日に所属する環境・建設交通常任委員会にて平成30年7月豪雨の被災状況について調査いたしました。 

 調査先は以下の通りです。

 南丹広域振興局(亀岡市)、法貴峠(亀岡市)、日吉ダム(南丹市)、中丹東土木事務所(綾部市)、現地調査:犀川(綾部市物部)、八田川(綾部市梅迫)、舞鶴福知山線(舞鶴市三日市)、丹後土木事務所(宮津市)、現地調査:KTR(宮津獅子崎、国道178号(宮津市日置)、竹野川(京丹後市)
IMG_0577.JPG 日吉ダム(南丹市)

IMG_0597.JPG 舞鶴福知山線(舞鶴市三日市)、

IMG_0608.JPG KTR(宮津獅子崎)

IMG_0618.JPG 国道178号(宮津市日置)

IMG_0626.JPG 竹野川(京丹後市)


 今調査において得られた災害予防のための対応や知見について今後につなげてまいります。

 日吉ダム(南丹市):洪水調整の他、水道などの利水を蓄える多目的ダムの為、事前放流がまず行われない(渇水の可能性の回避)
 →洪水時の放流の際、中・下流部へのアナウンスのあり方、各戸単位での情報入手のあり方について。

 中小河川の氾濫→水の流れ(災害によってさらに変化)を分析し、堤防の強度を高める等の対策(堤防や道路の決壊対策)について。

 KTRの代行バス:始発が出勤時刻に間に合わない、乗客のニーズへの対応について。運営側の負担について。

 海岸の流木や漂着ゴミ対策:各自治体で処理不可能な場合の支援のあり方について。
posted by 舞 at 22:01| Comment(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おはら舞へのメッセージはこちらへ⇒ << info@oharamai.jp >>