2020年03月26日

 高齢者福祉について(医療介護複合施設 「グランマーレせいほう」完成お披露目会に出席して)

令和2年3月26日(木)
医療介護複合施設 「グランマーレせいほう」完成のお披露目会に出席させていただきました。
式典の後は、6階立ての施設の見学もいたしました。
 高齢化社会における暮らし方、支える側の働き方について学ばせていただきました。

IMG_5475.jpg 

image2.jpeg

 竣工にいたる道筋について、式典にてご挨拶がありましたが、
西舞鶴駅から徒歩3分の好立地にあり、医療・福祉・介護の総合施設
として、西舞鶴で初となる透析施設も同時開設となります。経緯に
ついて式典にてご挨拶の中で触れられましたが、7年前から市役所
から透析施設のお話を受けておられたとのことでした。

 私も地域まわりをしている中で、いつも十倉にお住まいの方から、
西舞鶴に透析施設が必要だというお声を毎回いただいていましたの
で、この施設が完成して喜んでおられるお顔が目に浮かぶ
ようでした。

 サービス付き高齢者向け住宅(高齢者単身・夫婦世帯が居住できる
賃貸等の住まい)が併設され、地元の折原町内会長のお話によると、
80世帯の方が新たに折原町内会に入られるとのことで、「ぜひ、地蔵
盆や毎年行われている中筋区民運動会(現在、区民運動会を行われて
いるのは、朝来地域と中筋だけではないでしょうか。。。)や、5年
に1度の菊みこしにもご参加いただきたい」と、施設と地域の
つながりを深め、子供からお年寄りまでまちのにぎわいを作り出すことに
期待をかけられていました。

 image0.jpeg
 共有スペースで仲間づくり、コミュニケーションの場

 image3.jpeg

 image1.jpeg

・児童発達支援・放課後等デイサービス、障害児(者)相談支援、
・企業主導型保育園
も併設されています。

 施設で働いておられる若いお母さんが、小さなお子さんを同施設内
でお迎えに。とてもほのぼのした様子でした。

 
 
posted by 舞 at 17:00| Comment(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

地方財政等について(会派勉強会にて)

 会派勉強会にて
「2020年度地方財政の動向」
「京都府の財政」
「京都府総合計画」
について学ばせていただきました。
さらに、インターン生(現役大学生)との意見交換では、若者の政治・選挙
への関心について生の声を聴くことができ、大変有意義でした。
IMG_5728.JPG IMG_5729.JPG



 大学生から「議員の方々には若者に対して関心を持ってほしい」
という声に、気持ちとしては関心を持っていても、自ら働きかけ、
積極的に交流できていたかというと、反省するべき点も多かった
と気が付きました。

 京都北部にも議員事務所に学生インターンの方に来ていただく、
地元の高等教育機関との関わり方等を見直していきたいと思います。

tmpfile.JPG

IMG_5726.jpg

IMG_5727.jpg

 
地方財政の動向については、地方交付税の課題について質問
いたしました。
国では、これまでも地方交付税の改革が進められてきました。

(成果主義の導入)
2005年度 徴収率の実績値
2007年度 「頑張る地方応援プログラム」 3,000億円
2015年度 「まち・ひと・しごと創出事業費」地方財政計画に1兆円計上(行財政改革を財政需要の算定に計上)
2016年〜 「トップランナー方式」導入(行財政改革努力を促す、取り組みの不十分な自治体にとって予算上不利となる
仕組みの導入)

等で、頑張る地方公共団体(市町村)を優遇することで、政策誘導
(インセンティブを付与)するということです。

 これまでも、
2月4日の国の予算委員会で前原誠二衆議院議員が指摘されていた
ように、地方の活性化に向けて「地方自治体が努力して税収が増え
たら、地方交付税が減る。努力できない仕組みだ」として、地方交
付税の算定方法を見直す議論がなされています。

 頑張る自治体の努力が報われる仕組み(インセンティブの付与)
と一方での過疎地・中山間地のフォローのバランスをいかにして
取っていくか、私はこれからはもっとも住民に近い地方自治体が
知恵や工夫を生かして運営できる姿、つまり、「地方の時代」
に向けて、制度の抜本的な見直しが必要だと思っています。

 東京一極集中の弊害が出ている昨今、税源の偏在(東京等の大都市
に税源が集中する)の抜本的対応を推進し、地域から最も要望の多い
「地方で働ける場を」という「若者が戻ってくるふるさと」の実現の
ために何が必要なのか、取り組んでいきたいと思います。

 制度変更も重要ですが、
そこに通ずる一本筋の通った理念・方向性、「国民(住民)の生活
をどのようにつくっていくか」についても
日々、考え、答えを見つけていく努力を重ねていきたいです。
 
 







 

posted by 舞 at 18:10| Comment(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

獣魂祭にて 生きとし生けるもの

京都府北部は野生鳥獣による被害に悩まされ、農家の方だけでなく民家付近にも
出没するようになり、人間と動物の住処の境界線が崩れてきている昨今、猟友会の皆様には、
狩猟だけでなく、地域の安心安全のために鳥獣被害対策にも熱心に取り組んでいただいています。

 狩猟者の高齢化が全国的にも課題とされる中、特に地元の西舞鶴では、若い方が熱心に免許を取得され
担い手として活躍されています。
この度も、狩猟に携わられている行政職員、海自や海保の若手の方とお話しをする機会を得させていただきました。

 毎年この時期に、鳥獣の命の供養と猟の安全祈願のため高福寺(別所)で獣魂祭が行われます。
 私は、有害鳥獣として頭数管理をする一方で、生きとし生けるものの命に感謝し供養する
このお取組みに深く感銘を受けています。

 これからも、地域や現場の声を聞き、府政へと反映していくために精進してまいります。

 IMG_5447.jpg
(数年前の舞鶴市民新聞記事より)


 生きとし生けるものという言葉から下記の古今和歌集を発見しました。
大和言葉、大和の心の美しさを感じます。

 
「花になく鶯(うぐひす)水にすむ蛙(かわづ)の声(こゑ)を聞けば生きとし生けるものいづれか歌を詠まざりける」
(紀貫之)
(現代語訳:花に鳴く鶯の声や、水辺に住む蛙の声を聞いて、この
世に生きるすべての者の中で歌を詠まないという者がいようか。)









posted by 舞 at 20:04| Comment(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

2月定例会の閉会について

 2月13日から開かれていました2月定例会が、2020年当初予算、補正予算、人事案件等を可決して3月19日に閉会いたしました。
今回は、特に新型コロナウィルス感染症対策の追加議案や、決議書・意見書を全会一致で取りまとめ可決する等の対応がありました。

 「新型コロナウイルス感染症対策の迅速かつ総合的な取組を求める決議」
https://www.pref.kyoto.jp/gikai/katsudo/tere/r0202-te/documents/r020305_ketsugi.pdf

 「新型コロナウイルス感染症対策に関する意見書」
https://www.pref.kyoto.jp/gikai/katsudo/tere/r0202-te/documents/r0202_ikensho1.pdf

 補正予算は、新型コロナウィルス感染防止対策、経済対策等、一日も早く執行され
府民生活の安定、不安の解消に資するための対策がなされました。

 いつ終息するのか見通しが立たず、経済活動への影響も出てきている中、
政府が新型コロナウィルス対策、30兆円規模の財政支出をする方向で調整してい
るという報道が出ております。
 京都府、京都府議会におきましても、地域の声に耳を傾け、
小さな飲食店、中小零細企業をはじめ経済活動への影響を把握し、確かな情報を集める
中で、迅速、臨機応変に対応できるように取り組んでまいります。
posted by 舞 at 19:00| Comment(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おはら舞へのメッセージはこちらへ⇒ << info@oharamai.jp >>