2010年03月22日

前原国交大臣 来鶴!!

DSC02871.jpg

 舞鶴にて海上保安学校の卒業式に参加させていただきました。
 映画『海猿』を観られた方は、厳しい訓練と海上保安官の崇高な任務が彷彿されることだと思います。

 海上保安庁も国交省の所管のため前原国交大臣がご臨席の上、卒業生に祝辞を述べられました。

 前日に、大臣に「海上保安学校の卒業式は、こちらが元気を頂く素晴らしい式ですので、楽しみにしてください」とご連絡していました。

 前原大臣は、用意された原稿を伏せられて卒業生に心のこもったそして海洋国家日本を海上保安官として支えていくことの使命と意義について語られました。

 国を存続させていくこと
 それは主権を守り、法治国家たり得ること。

 卒業生が凛々しい志に燃えた顔つきで、大臣のお言葉を一語一語かみしめるように聞くその姿に、頼もしさを感じました。

 私も、卒業生に負けず大臣のお話に身震いがし、背筋が伸びました。

 候補者時代から福山哲郎参議院議員の代理として参加させていただいたこの卒業式、いつも感動で涙を流してしまいます。

 故郷を離れて初めての寮生活、厳しい訓練を仲間とともに乗り越えてきた卒業生の立派な姿と、校歌を歌いながら流れる一筋の涙。

 日本もまだまだ捨てたものじゃない、

 むしろ、日本の底力をみた気がしました。
 卒業生の皆さまの今後ますますのご活躍を心からご期待しております!!

 

DSC02897.jpg

 4月から供用開始の舞鶴国際埠頭をご視察いただきました。
 京都北部、そして関西圏の経済振興に繋がるよう、民・官と一体になって知恵と工夫をしぼり、環日本海時代の新たな幕開けをこの地から!!「受け入れ発信する」この地ならではの特性を活かしていきたい。

 鶴が舞うように

 私たちの目の前にあるのは「希望」の二文字のみです。

DSC02891.jpg

DSC02948.jpg

DSC03004.jpg

 前原大臣を囲んでの意見交換会を開催いたしました。
 港湾・林業・観光
 とそれぞれの団体・関係者の方から現場の生のお声をいただきました。

 まちづくりにかかわっていた頃や松下政経塾の在塾時にお世話になった方々から激励もいただき、「お役に立たせていただきたい」という思いをさらに強くした次第であります。

DSC02924.jpg

 ご公務お忙しい中、ご対応下さった前原大臣、地元の皆さま本当に有難うございました。

 「光」が徐々に射しこんできています。
 可能性を信じ続け、決して諦めず前に進んでいけば

 道は必ず拓ける

posted by 舞 at 23:35| 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おはら舞へのメッセージはこちらへ⇒ << info@oharamai.jp >>