2017年02月15日

2月定例会が開会いたしました。

 2月15日、2月定例会が開会され、3月22日まで29年度予算案及び28年度2月補正予算の審議がはじまりました。開会日には、山田知事の予算編成の柱となる「共生社会」実現に向けての方針が提案されました。
 また、2月24日(金)の午後からトップバッターで一般質問をさせていただくことになりました。
(ライブ中継はこちらから→ http://211.5.166.28/gikai/index.asp

 京都北中部を中心とした1月14日から大雪による雪害対策にかかる約5億円規模の2月補正予算は全会一致で可決されました。
 現場の声をうかがい、その被害状況をみて、一刻も早い予算の執行と今後の復旧・復興に向けたきめ細やかな支援の必要性を会派を代表して賛成討論させていただきました(北部の議員ということでご配慮いただいた会派の皆様にも感謝いたします)。

 以下、平成28年度補正予算案の賛成討論の全文を掲載いたします。

***************************************


 まず、平成29年1月14日からの大雪による影響で、尊い命を亡くされた方の御冥福をお祈り申し上げますとともに、被災されました皆様方に心からのお見舞いを申し上げます。私は会派を代表し、本定例会に提案されております平成28年度補正予算案に賛成する立場から討論をさせていただきます。

 1月14日からの大雪では、京都府北中部を中心とし、農業関係施設では、ビニールハウスが1,000棟を超える被害が報告されている上に、今なお継続調査中であり、過去10年の大雪による被害を大幅に上回る規模であります。この他、畜産用パイプハウスや茶棚・果樹棚の被害、林業関係では、京都市を中心として、300カ所を超える倒木の被害などが出ており、様々な分野にわたって大きな被害が発生しています。水害や雪害などの自然災害による被害が重なることで、立ち直っていこうという意欲が失われないような支援が求められるところです。このため、我が会派は、現地の状況も踏まえまして、去る2月3日に山田知事に対して
・甚大な被害を受けたビニールハウス等の早期の復旧と撤去費用にかかる適切な支援を行うこと
・度重なる被災により経営意欲の後退につながらないよう、災害に耐えうる施設の補強への補助を行う等、持続可能な農業の対策に努めること
などを内容とした雪害対策に関する緊急要望をさせて頂いたところであります。
 
その上で、雪害対策費として、4億8,800万円が計上されている今回の補正予算案の内容を見ますと、農業分野では、大雪により倒壊等の被害を受けたパイプハウス、果樹棚、茶園の被覆棚施設等の復旧・撤去及び果樹や茶の樹勢回復に必要な経費に対する助成、林業分野では、大雪により被害を受けた冠雪被害木を伐倒除去し、再造林する経費に対する助成であり、さきに述べたような被害の状況をしっかりと踏まえた内容となっており、再び立ち直っていこうという気持ちを後押しするものであり、賛成をするものであります。 
この支援が一刻も早く被害に遭われた方々に行き渡るように、早期の執行をお願いいたします。

 先日、会派にて被害の大きかった農家の雪害状況の調査に福知山市、舞鶴市、京丹波町にうかがいました。この度の雪害の特徴は、深夜から早朝にかけて一度に多く降り積もり、重い雪質のため常時の雪害対策としての支柱や暖房をつけるなどの対策を施していたビニールハウスであっても倒壊するなど、地域によっては、想定外の降雪量という声も挙がっていました。担い手の方からは、「泊り込みで対策をし、出来る限りの努力をしてもつぶれた。今後規模拡大を検討していたがもう諦めざるを得ない」「建て直しには1年以上かかりそうだが、見通しが立たない」という切実な声もお聞きしました。
引き続き、市町村や農業改良普及センター等の関係機関と連携の下、ハウスの早期撤去等による栽培環境の整備、再建に係る資材の早期調達等、次期作に向けた再建計画、今回の雪害の検証による減災対策も含め産地を守るためのきめ細やかな指導と支援が求められます。

 また、先週末も北部を中心に大変な大雪となり、ビニールハウスに被害が出ており、府民の方々も先月に引き続き除雪に追われるなど大変な中、除雪作業の休憩中の車の中で一酸化炭素中毒で亡くなられるという痛ましい事故もありました。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、まだまだ雪が降る時期であり、予防的な対策の周知などをお願いし、ビニールの貼り替えなど、普段からできる雪の対策への支援のさらなる充実についても要望いたします。


 我々会派は、今後も被災をされました皆様に寄り添う思いをもって、被災地の復旧・復興に向けてさらに全力で取り組むことを申し上げ、私の賛成討論といたします。

posted by 舞 at 18:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頑張っておられる様子、体に気を付けて下さい。私の家でも、先日来の大雪で猿害対策として工事用の単管パイプで組んだハウスが完全に倒壊してしまいました。昨年は、獣害で米やジャガイモの収穫が減った上、今度は雪害で不要な作業が増えて困っています。本当にもう農業をやめようという人の気持ちが良く判ります。個人で作ったハウス(囲い)ですから、JAの対象にもならず・・涙です。府会で頑張っておられる姿を見ていると、私も頑張らなくてはと思います。
Posted by 新谷 一幸 at 2017年02月19日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447059977

この記事へのトラックバック
おはら舞へのメッセージはこちらへ⇒ << info@oharamai.jp >>