2018年02月05日

2月定例会が開会いたしました。

 2月5日に京都府議会 2月定例会が開会いたしました。
 一般会計8519億7200万万円と11特別会計、4公営企業会計を合わせた
総額1兆4268億2800万円の2018年度当初予算案が上程され審議がはじまります。
 京都府知事選を控えた骨格予算となり、山田知事が掲げてこられた
「共生社会」の実現の想いが反映された予算となっており、少子高齢化
対応、障害者支援、雇用対策等に重点がおかれています。

 昨年の10月の決算特別委員会の総括質疑で、深刻になっている
中小企業の人手不足対策について質問をさせていただきましたが、
「北部地域では、特に観光、建築・土木技術者等におきまして、
有効求人倍率が3〜12倍前後という非常に高い数値となっており
まして、人材不足が深刻化しております」という答弁がありました。

 有効求人倍率とは、求人数の方が仕事を探している人よりも多い状態
です(有効求人数/有効求職者数)。
この数値が1より大きいか小さいかではから
れますので、3〜12前後というのは相当な「人手不足」になります。

 舞鶴・北部では特に「若者が戻ってこられて、働ける場をつく
ってほしい」というお声をいただきます。数字によれば、売り手
市場で仕事が地方にもある状態なのですが、マッチングや待遇等
の問題も一方であり、

 ・中小企業における観光、建築・土木技術者等や介護・医療・
保育士といった分野の人材確保が課題になっている。
 
 そして、「企業誘致」をすすめるにいたっても、『「企業誘致は
順調に推移してきたのですが、多くの場合ネックとなるのが人の確保
でありまして、新たに立地しようとする企業から「まとまった数の人材
が採れない」とか「企業説明会をしても参加者が少ない」
といった声も出ているところであります。」(知事答弁より)』
という状況になっています。

 今回の新年度予算案にも、
「人手不足対策」が重点化され、例えば

 ・女性向け就職支援や人材育成研修の実施(3,000万円)
 ・中北部で勤務する医師や看護師らを確保するため、研修費
   などの支援制度を創設(3,300万円)
 ・府外在住者向けの就業体験や移住体験プログラムの実施
  (8,500万円)等

 が挙げられています。

 また、これまでも京都府では、全国初となる、公労使連携による
京都ジョブパークの共同運営をはじめ就労支援の取り組みを進めてい
ます(北部には平成26年に北京都ジョブパーク(福知山市)設置)。
今後とも北部の大きな課題になっている諸課題に現場のお声をうかがい
ながら提言をしていきます。

24296731_1096768993787371_1251502780130623246_n.jpg(写真は12月定例会の時のです。。)


 

 



 
posted by 舞 at 17:26| Comment(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

おはら舞へのメッセージはこちらへ⇒ << info@oharamai.jp >>